スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イイ言い方をすれば天然、悪い言い方をすれば痴呆

という事で、久々にやりましたよ。

今日は5月1日で、昨日が4月30日だとずっと思って昨日から生活してました。

GW中にバイトは5月の1,2日のみなんですが、今日バイト前にご飯食べていろいろ準備していざ行こうとしたら親に「アレ?どっか出かけるの?」と聞かれたので「1,2日はバイトあるから行く」と言ったら今日が30日である事を聞かされ、見事に勘違いしてました。

なので昨日行けなくて悔やんでたCOMIC1も実は今日あった事にさっき気づいて自分のダメっぷりに愕然としてしまいましたorz





なんでパソコンの画面に今日の日付表示されてるにもかかわらず親に言われるまで気がつかなかったんだろう・・・


なんかいろんな意味でダメージデカくて、1日中家にいたら太るからちょっと歩くくらいはしようかと思いましたけど、今日は何もする気が起きないです。



あ~でもなんかもんもんとするっ
こんな時にはやっぱりアレか、酒じゃ酒っ
スポンサーサイト

映画版「アップルシード」の続編

という事で結構情報遅れてますが、劇場版「アップルシード」の続編「EX MACHINA」が発表されてました。


去年の年末に前作がテレビでやってて「なんで??」と思ってたんですが、こういうわけだったんですか。


前作は低予算で独自の3DCGアニメに挑戦だったわけですが、今回はプロデューサージョン・ウーというハリウッドでも有名な監督の人だそうなので、制作費とか大幅アップしたんでしょうかね??

まあ詳しい事は情報がないのでなんとも言えませんけど。




ただ、映画のタイトルに「アップルシード」という名前が消えちゃってるのは激しく気になるんですけど・・・

「イノセンス」同様、「前作に知名度がないんだから「攻殻機動隊2」なんて名前つけても売れない」なんていうジ●リのタレントを声優に起用する完全儲け主義の某プロデューサー的な発想だったら激しく嫌ですね。

「イノセンス」も攻殻の世界を使っただけで原作完全無視の自己満足作品でしたし。




まあでもこの作品に関しては前作も話に中身がないあくまでエンターテイメントに特化した作品だから既に原作とはかけ離れてしまってると言えるので別にどうでもいいかもしれませんね。



とにもかくにも前作はチャレンジ精神こそ褒め称えたかったけど、単純に作品としても興行的にもイマイチな感じだっただけに、今回どれくらいグレードアップしてるのか楽しみです。

後悔まみれな休日の過ごし方

あ~あ、やっちゃった。

さっきネット見てたんですが、先日も書きましたけど、GW中になんか同人イベントでも行こうかな?っと思ってたわけなんですが、なんと今日comic1というイベントがビックサイトでやってたみたいですorz

存在自体全然知らなかった・・・
後になって同人とかエロゲ作家系のHPちらほら見てたら結構有名所というか興味がある作家さんとか結構いてちょっぴり後悔。


でもまあ別にいっか。
同人熱が冷め切ってる自分にとってはどうしてもほしいわけじゃないし、行く目的もイベントみたいな所に行って雰囲気を楽しみたいだけですし。

だから別にどうでもいいです、ええ、どうでもいいです、もう一度だけいいますけど、どうでもいいです。




こんな絶好の出かけるきっかけがあったにもかかわらず、今日は近所の服屋巡りを久々にしてました。

とにかく着る服がないわけですが、まあやはりというか見てて「いろいろ服ってあるんだな~」とか思いつつ興味持ちつつも「でも、結局着るの俺だからなぁ・・・」と思ったらどの服も似合う気がしなくて、結局5件くらい行ったんですが、何も買わずに帰りました。


ただ正直2,3着くらいこの時期とか着る服がほしんだけどなぁ~
なかなか絶好の機会がない限りは買えそうにないですねぇ





後、先週は髪型が恥ずかしくてという事を話していたわけですが、いやまあ慣れってコワイですね。
なんかもうどうでもよくなりました。

それに平日はバイトがあるから普通に外出てたし帰りに本屋寄ったりしてたから日に日に感覚が薄れたのかもしれないです。
もうブサイクなのはわかってるからせめて笑わないでくれって感じですね。









それから最後に、見ておわかりだと思いますがテンプレ変えました。

まあサクラは5月になる事だしさすがに変えないとな~という感じですね。



そしてサクラのテンプレの時もそうだったのですが、今回のテンプレも俺のPCだと文字の大きさとかいろいろ設定変えてる関係もあってなのかレイアウト崩れまくりなんですよね。




今回のテンプレに関しては俺のPCではレイアウトちゃんとなるようにスタイルシートをいじったんですが、前回しかり今回もみなさんのPCからはレイアウト崩れてないでしょうか??

まあ今までレイアウトについて何も言われた事がなかったので、多分皆さんには普通に見えていたものと思われますが、そうだとすると俺のPCで崩れないようにテンプレのスタイルシートいじったら逆に他の方のPCだとレイアウト崩れてたりするんじゃなにかとものすごい不安になってきたわけですが。

もし変だったらコメントなりWEB拍手なりでご報告ください。
デフォルトに戻しますんで。

「デトロイト・メタル・シティ」第3巻

やっぱクラウザーさんはスゲーや!!

という事でホントはとらのあなでピック付きを買いたかったのですが、昨日バイト帰りにDMCの3巻を買ってきました。



まず最初に目に行ったのは帯ですね。
前回の羽海野チカに続いて今回は木村カエラですか。

なんか最近自分の好きな物に後にも先にも木村カエラが絡んでる事がちょくちょくあってなんか悔しい。
下ネタやサブカル的な物に対する理解力の高さから世間的にもバイト先でボロクソに行ってた人からも好かれ初めてるけど、俺は絶対好きにはならんぞ!!
・・・・多分。

でも帯を見た瞬間にちょっとエロいと思った俺は多分負け。





帯はさておき本編の感想ですが、あいかわらず下品でアホですね。

スカトロメタルとか代官山オシャレファックとかエアレイプとかアホすぎるw

個人的には「代官山オシャレファックきめやがったな」のセリフと表情が今回一番ツボに入りました。
そしてその後のクラウザーさん降臨でせっかくのチャンスぶち壊しっぷりは見事なでした。

そして相川さんは登場するほとんどの回でオチにされてヒドイ目に遭わされますね。
いやまあおもしろいんですけどもw




でも今回でなんか展開がメタルフェスが開催されて参加するって感じでしたが、「BECK」のグレイトフルサウンドみたいだなと思ったのは俺だけかしら?

まあやってる事は全然違いますけどw

でもバントにとっての大イベントって俺はあんまりよく知らないけどフジロックみたいなああいうもんなんでしょうね。



それにしてもなんてゆ~かどんどん主人公がデスメタルをやってる事が原因となって、主人公の周りの人達の人生狂ってるのがかわいそうですね。
弟なんてもう完全にただのアホだしw


ただ、感情が高ぶるとクラウザーさんが降臨してしまうので、もうしょうがないですねw





正直この作品は最初のインパクトのみで短命だろうなと思ってましたが、意外とまだまだ行けそうな感じですね。
これからもどこまでおもしろく続けられるものなのか楽しみです。

雑記

いや~なんてゆ~かネタはあったんですが、正直なんか体調がめっさ悪いのでモチベーション低いです。
なので今日は、テキトーにダベって済ませてちゃおうかと。

日付変わって今日から?ゴールデンウィークらしいのですが、俺は正直GW中もバイトがあると見越して来週を考えていたのですが、どうやらバイトがGW休みをとれるくらい順調に進んでるらしく、5月1,2日が平常であるだけで後は休みになりましたorz


去年は祝日も休日割り増しで働けた上にGW手当てとか言って、GW中全部出たらボーナスみたいなのがあったりしてありがたい限りだったのですが、今年はこんな展開でげんなりでした。


就職できない以上、働ける時に働いておきたかったんですけどねぇ・・・
今のバイトの予定も6月中頃までで、それ以降は今のままだとまた俺が働いてる時間帯の仕事なくなるらしいですし。




なのでなんかすっご~~~く漠然でなんですけど、GWパーっと遊びたいな~とか思い始めまして。

と言っても俺は普通の人みたいな行動力と経験と人脈がないので、できてもおそらくアキバに行ってブラブラとか池袋に行ってブラブラとかいうレベルなんですけど・・・・

現実味のないレベルで言っても同人イベントとかいう感じですけどね。

ただ、GW中にどんなイベントあるのか全く知らないのでアレですけど。




でもなんかしら遊びたいです、マジで。
多分この期間に家でゴロゴロしてたら精神的にキツそうですし。


ってゆ~か今日の時点で
「もし先々週受けた会社から採用されていれば、今週一週間働いて迎えるGWだったのか・・・。もし働いていたらさぞ休日の喜びを感じて楽しめた事か・・・」

と正直テンション下がりまくってますし。


多分求人もバイトとパート以外は今週来週あたりはあんまりないだろうからな~
開き直りたいけど、開き直って現実逃避したはいいけど、逃避から抜け出せなくて応募できなくなる怖さも何度も発症してるだけにコワイのが正直な所でもありますけどね。



この感じはなんだろう?

ウキウキしてはしゃぎたい気分と恐怖を同時に抱えてる感じ。
それはおそらくかなり激しい躁鬱な予感。



まあでもGW中働けない事へのショックなのか今日帰ってきてからえらくぐったりして朦朧としてます。

ってゆ~かまた風邪かな?
いつも長期休みに突入する区切り目で発熱してる気がする・・・

「気が抜ける」という精神的な問題でこうも簡単に発熱するもんなんでしょうか??


まあでもなんか着る物に困りまくりだわここ最近。
服もっとほしいけど、そんなにパーっと使えるほど収入ないし何より行ける服屋がカジュアルショップで精一杯ですわ。

ちょっと最近の俺では開き直ってオシャレでちょい高めな服屋にはまず行けないです。




ま、でも痩せない事には話にならんなっ



さっさと布団で体を暖かくして寝よう。

「イケメンになる10個の方法。」

ちょっと中高生向けなみのしょっぱいタイトルではありますが、「イケメンになる10個の方法。」という記事があって、おもしろそうだったので自分と当てはめてみました。


まず何よりも最初の「どのようになりたいかイメージする。」でおもいっきりつまづきました。

オレずっと昔からこれだけはどうしても無理なんですよね。

男に対してはホントに外見どうでもいいんですよ。

親しくなりたい男の判断基準は完全に話が合うかどうかで、歳や外見は関係ないんですよねぇ
なのでこんな言い方したらちょっと語弊がありますが、男の外見に全く興味がないのが本音でして。

だから漠然と「あ~カッコイイですな~」と思っても別にあこがれとかああなりたいという気持ちが全くないですねぇ

まあこんなんだから自分の外見とかファッションとか全然センスないし、一行に努力の欠片も見えないただのブサイクから脱出できないんでしょうけど。


オレは確実に男性ファッション誌より女性ファッション誌の方が100倍楽しめるタイプですね。

いや、別にオレは女装癖はないですよw

でも女性向けファッションを見てて、脳内彼女に着せて楽しめるオレはもうモテないロードまっしぐらですな。






ちなみにこの中で一番現実的になんとかしたいと思ってるのは「眉毛カット、眉ケア、鼻毛カット」ですね。
どうにもこうにも、眉毛が自分の技術と経験がないからなのかキレイにならないんですよね。
一応自分なりに眉毛用のキットみたいの持ってて、長さを整えたりむだ毛を抜いたりしてるんですが・・・
ぶっちゃけ自力でいじってるので両眉毛がそろってないし形もいびつですし、しかもキレイさが全くないですしなんとかしたいものです。



「髪型はとにかく美容師に任せる。」「服装は恥ずかしがらずに店員に任せる。」は、大丈夫なんですかね??

髪型に関しては、俺は美容院に行った事ないんですけど、「お任せで」でやって貰えるものなんでしょうか??
そうだとしたらなんか今までよりは行く勇気がちょっと出たかも。

服装に関しては、店員に任せるのはかなり危険という話を聞いた事があるんですけども・・・
いやまあピンキリでちゃんとしてる人はマジメに考えてくださるんでしょうけど、結構ヒドイという話を聞いた事がありまして・・・

でもそういうの以前に、店員に任せてじゃあ試着ってなったら、試着した時点でもう負けな気がするので俺にはできないですね。







「歌やギターなどの特技をもつ」は、昔は歌を歌う事自体は結構好きだったと思うんですけどねぇ
歌は逆に年取ってから歌を歌うのが恥ずかしくなりましたね。

小中学校時代って音楽の時間に歌を歌うのとか恥ずかしいものだったのですが(今の時代はカラオケがあるから若い子でもそうでもないのかな?)、オレは逆に音楽の歌のテストとかでも恥ずかしがらずに大声で歌えるタイプの人間でしたね。
・・・まああの頃は恥知らずの鼻タレクソガキだったからかもしれませんけど。

そして高校卒業くらいになってからはもうカラオケにも行く機会がなかったりして歌う機会がないので今となっては自分が想像してるよりも下手だろうし、何より人前でマジで歌うのが恥ずかしくてダメですね。

ギターは昔から憧れはありましたが、少なくとも今からやろうという気持ちは全くないですね。








え~と・・・見てる方には全く関係ない話なのですが、実はこの記事1時間近くかけて書いたのですが、うっかり文字を書く場所ではない所がアクティブになってる状態でバックスペースキーを押してしまって見事に今まで書いた記事がぶっとびましたorz


いや、今までもこんな経験あったんですけどね。
でも今回は久々に長文打ってる満足感と疲労感を感じていたのでさすがにこの事には触れずにはいられませんでした・・・

正直改めて書いてた記憶を辿りつつ書いてもモチベーション上がらないしもう眠いので、ここでギブアップという事で。

「時をかける少女」

劇場アニメ版「時をかける少女」をやっとこさ見ましたよ。

劇場公開時には「ゲド戦記」とどっかぶりで話題にならなかったものの、見た人達からは高評価で隠れた?名作的な感じで話題になってたこの作品なんですが、俺もようやくレンタルでですが見ました。


いや~なんてゆ~か見た人が高評価なのわかりますわ。
悔しいけどマジで名作かもしれん・・・

いやまあ何がくやしいってこういうさわやかな作品で感動するのはすごーく嫌なひねくれ者の人間でして。


最初は「あ~こんなん俺には無理無理。」と冷めた気持ちで見てたけど、どんどん世界に引き込まれていくし、主人公のコミカルな動きにニヤニヤしてしまい、後半はドキドキのウルウルでしたよ。


ちなみに俺は、この作品は全くどういう物か知らないで見たのですが、タイムリープの部分はまあよく考えないと表面的な部分しか理解できなくてアレですね。

まあおそらく自分にふりかかる不幸から逃れれば誰かがその分かぶるみたいですし、主人公に未来の下りがバレてしまって「もう会えない」と言っていなくなってしまった千昭とかを考えると、メイン以外の影の部分では割と悲惨な展開になってしまってる可能性が高いって事なんでしょうかね??

正直オレの脳ではタイムリープの事を薄っぺらい表面的な部分でしか理解できてないのでわからない事が多いです。






でも意外と宮崎アニメ以外で客層を選ばないで”おもしろい”アニメ映画ってありそうでなかったですよね?

まあ宮崎アニメに続けとチャレンジした作品はそれなりにあるし、興行的に大失敗だったとは限らないかもしれませんが、作品としておもしろかったのってなかったと思いますし。

あ、でも俺は見た事ないけど、「クレヨンしんちゃん」の映画シリーズって評価高いんでしたっけか。


これは割とマジで人を選ばず誰にでもオススメできる作品だと思います、ええ。

忍者ツールズで障害があったみたいですね。

なんかバイトから帰ってきたらブログが重くてどうしたんだろう?
と思ってたんですが、かなり長時間にわたって障害が起きてしまっていて、利用しているブログは重くなってたみたいですね。

カウンタも解析も機能してなかったので、障害が起きていた間の情報は全部記録がとれなかったみたいです。



まあ基本的にアクセス解析は毎日見てるんですが、「あ~この方今日も来てくださってるんだ~」みたいな楽しみ方だけですね。

自分にとっては「たくさん人が来る事」よりも「一人でも多く定期的に来て貰える事」が大事だと思ってるので。




ただ、まあこんなブログでも少なからず定期的に来てくださる方はいるのですが、それがどんな方でどうして見るのかがわからないから実感がわかないんですよね。


別に俺は何かの情報に特化してるわけでもなく、何か他人興味を持たれるような事をしているわけでもなく、自分に例えが悪いけど芸能人みたいな存在の魅力もないですし。


なので、それこそ検索などの場合は目的がハッキリしてるからその方の目的はわかりますけど、定期的に来てくださる方の場合は相手の目的がわからないので、それに対する「何をやったら喜ばれて、何をやったら嫌われてしまうんだろう?」という不安はありますね。

ただ、誰ともわからない人達への顔色をうかがいながらやってたら間違いなく更新が続かないので、ブログに関しては自己満足と不安はありつつも結論としては割り切ってるので、まあ言える事は「嫌わないでください。」というのが精一杯ではありますが。


結構今回の障害は4,5時間くらい復旧できない規模の物だったらしいのですが、俺はブログが重いの知りつつも、そっちのけで借りてきたDVD見てたのは内緒。

「ぼくらの」第3話

まあ3話の時点で判断するのもアレですが、
原作は物語の流れの中で各々戦う事になるキャラに焦点をあてて掘り下げる形式ですが、アニメ版はあくまでキャラの深いところは触れずに物語りの時間の流れを一番大事にしてる感じがしました。



でもこの方式だとキャラクターの一人一人に愛着が沸きにくい気がするんですが・・・

最初に死んでしまったワクも、彼自身の魅力をアニメ版には何も感じない脇役みたいな印象でしたし。

今回は原作的には2ページで終わってた部分を完全にオリジナルで掘り下げてワク死語の取り調べとワクの葬式を1話丸ごとやったわけですが、なんかワクの両親は単純にワクが死んでしまったショックで憔悴してしまってるだけみたいな感じになってましたね。

個人的には、父親との絡みがワクの一番の注目すべき所だったんですが。



今思い出したんですが、原作でも両親はなぜワクの両親に似つかわしくないくらい人生に疲れ果てたような人達だったのかについて全く触れませんでしたね。


父親が小さい頃サッカー上手かったという過去を隠していた上に今は完全に野球派の人間になってた事も、ワクがサッカーを続けるのが不安になって葛藤してた事も触れませんでしたね。

父親がああなったのは、ワクが葛藤してる時のセリフからして若かりし頃は将来を期待された人気者だったけど途中で挫折したかなんかで一気に人生を転げ落ちてしまったみたいな事があったという事なんでしょうかね?




たしかにキャラによってはエピソードが放送に耐えられるかわからないくらい重い話にもなるんですが、ワクですら薄くなったら個人的にこの方の作品の惹かれる所が大きくなくなってしまうんですけど・・・・

特にチズ絡みの話とエピソードなんて放送できるんでしょうか?
多分キャラが中学生な以上、無理な気がするんだけどなぁ






とはいえ、アニメ版にもアニメ版なりのすごさを感じましたね。

さすがにアニメの主要キャラを火葬してその後の骨だけになってる姿を描き上げる暗くて重いアニメは間違いなくなかったと思います。


後はなによりキャラクターをバランスよく登場させて掘り下げて絡ませていってる事ですね。

全員を一緒に絡ませる事で、会話のやりとりの中で各々キャラの性格の違いがよく出てたと思いますし。

特に今回の取り調べのシーンは、同じ状況でキャラによってどう対処するかで個性をはっきりだそうとしてたのかもしれません。

こういった描写でもしかしたらキャラへの愛着を持つ事ができるようになるのかもしれませんね。


原作だとパイロットになってないキャラはいつまでたってもいるのかいないのかわからないくらい存在感ないですから。


ただ、ウシロ兄弟はあんまり見たくないですね。
部屋入った瞬間、絶対妹に蹴り入れるだろうと思ってたし、妹がうがい始めた辺りの兄の反応をヒヤヒヤして見てましたし。







まあ原作と違った形でアプローチしていくのは不安の方が大きいですが、現時点ではこれはこれでアリかな、と思いました。




でも本音としては、まだちょっと原作とのギャップの悩まされてちょっと引いた所から見てる感じはありますね。

もうちょっと様子見したいと思います。

ダイエットネタ

先週もいい感じで痩せてました。
・・・・土曜の昼までは。


土曜の昼までの時点では先週よりさらに0.5キロくらい減っていい感じでした。


ですが、まあ過去の記事でも書いてましたが、土曜の夜から一人現実逃避ビール祭りを行いまして。

土曜の夜だけで350mlを6本、日曜起きたら二日酔いとか全くなかったので調子に乗ってたいして食べ物も食べてないのに4本飲んだりした上に、久々に全く動かなかったので一気に体重増えて先週と比べてもしかしたらちょっと太ったかもしれません。


今日はかなり摂生したんですけどねぇ
やはり土日のビール太りは見事で、予想以上でした。



・・・でもまあそのおかげで日曜の夜には、ショックを引きずって落ち込んでる気持ち2割、「どうでもいいや」という気持ち8割で、結構立ち直れてたのでよかったかな、と。


だけど、冷静になればなるほど自分の肥えっぷりにテンション下がりますわ。

鏡に映る自分を見れば見るほど「ぽっちゃりじゃすまされないな・・・後10キロは減らさないと話にならない」と痛感致しましたorz


でも先々週から基本的に食事は以前より摂生できてきてるので、後はビール祭りのようなハメのはずし方をしないようにする事ですね。


そして後は、上半身もトレーニングしないと・・・

ここ数ヶ月ホントに腹筋背筋腕立てやらなすぎ。

ストレッチもこれこそ全くやらないですが、意外と大事らしいので、やる習慣身につけないと・・・

ああ~オレダメ過ぎ!!

やってない事が多すぎる。
臨機応変というか効率のいい時間の使い方がいくつになっても身につかないものですな~


まあこんな文章書いた今日こそ、こんな時間だけど上半身とストレッチをちょっとだけでもやろうっと。







それから昨日(23日)の午前2時と今日の午前4時にWEB拍手頂いてました。


昨日の方は同じ人が2回押したのか別々の方なのかわからないですし、もしかしたら今日の方も含めてお一人の可能性もありますが、とにかくありがとうございました。

久々にサンボマスター見た気がする。

さて、せめてブログ更新する時くらいは気持ちを切り替えて。
今日ガキの使い見てて、そのまま付けっぱなしにしてたらサンボマスターがテレビに出ていて思わず見てしまいました。


オレが最後に見たのいつだか忘れましたが、山口さんあきらかに痩せましたね。


後、この番組見ただけで判断するのはアレだと思いますが、声が以前より出なくなってしまってる感じがしたんですが・・・

まああれだけ寿命縮めるような歌というかライブやってたから仕方ない気もしますが、ちょっと寂しくなってしまったり。

近年ソウル色が色濃くなって叫ぶようなロックの曲がなくなってしまったのもこういった事が関係してるんでしょうかね??





まああんまり「~まではよかった」的な話をするのってアレなのですが、個人的には「青春狂騒曲」くらいまでのサンボはめちゃくちゃ好きで聞きまくってしたね。




なので今回の放送では割と最近の曲ばかりでちょっと残念だな~とか思ってたら「そのぬくもりに用がある」が流れてテンション上がりました。

でもこの曲よくライブとかの映像で歌ってるのよく聞きますけど、一番最初に収録されてるのはオナニーマシーンと一緒に出した「放課後の性春」なんですよね。
このPVのバージョンはCD音源で聞く機会がなかったわけですが、今となってはオナマシも好きだしこのCDほしいな、とか思ってしまいました。


そういえば3年前くらいに、友人に「このボーカルの人オレに似てね?」と言って「美しき人間の日々」辺りの頃の映像とか画像見せたら「似てるwwww」と大爆笑されたっけか。
今となってはいい思い出・・・ではないか。

そういやダイエット初めてからヤツに会ってないな・・・
今のオレはどう見えるんだろう?
いや、まあブサイクなのはブサイクなんですけどね。


堕落した休日の過ごし方

いきなりオタ的な話ですが、実は今日はサンクリがあったわけですが、先週の時点ではもう長い事遊びに遠出してないし、行く気マンマンでした。


正直もうこの手の同人とか自体に関する意欲というのはあんまりないのですが、もう遊び目的で遠出する事自体今年の初めくらいに行ったきりでしたし、バイト再開した分、以前よりも気軽に出かけやすいので池袋なりアキバなり行こうと思ってたし、こういうイベントがあるのも絶好の機会だと思っていて、行くつもりでいました。




でも今のこの髪型と精神状態では出かけられる状態じゃないのでスルーして家で何をするわけでもなくただパソコンの前に座って何やってたのかも覚えてにあくらいテキトーにクリックしていろんなHPなりブログなり2chなりに行って中身も読む気にならずそのままリンクを辿ってただけみたいなのを1日繰り返してました。





それから昨日「ビール飲む」と書いてましたが、昨日の夜だけで6本飲んでしまいました。

いつもならだいたい350mlでも2本くらいにしておけば、まあ空腹時であったとしても後に響かない量なのでそれくらいにしてたんですが、昨日はいくら飲んでも飲んだ気がしなくてガバガバ浴びるように飲んでしまいました。

まあ太るとかに関しては後で後悔するのは間違いないですけど、今のオレにはもう二日酔いとかにならなければどうでもいい感じですね。

このビールは貰い物だからいいけど、実際自分で買ってたら、これだけの量我慢すればどれだけいい物が食えたか・・・

今日も正直自分ごときがご飯を食べるという行為が許せなくて食べられなかったので、真っ昼間からビール1本飲んじゃったし。
まあビール飲んでる時点でこの発想はおかしいと思いますけど。



よく占いで魚座というか特にオレ自信での占いでも「依存傾向が強いので、アルコールやドラッグには注意」というのを見かけていて、意識的にこういうのは気を付けてたんですが、なんかこうやって堕落してる方がオレという人間にはふさわしいのかな?とか思ってきてしまいました。

オレはあまりにも社会人として欠陥が多すぎるし、人としても魅力がなさすぎるし、弱すぎますよ。

人生全敗です。

今週の水木金はとても穏やかで清々しい日々を過ごさせて頂いていたわけですが、早くも結果が来てしまいました・・・

まあ採用される見込みが全くなかったくらい面接等での自分の悪い意味での緊張が酷かったのもありますし、届けられた封筒もあきらかにペラい紙が1枚しか入ってない感じでしたので当然ですが、


不採用でした。



これでまたオレの人生における就職活動全敗記録が更新されたわけですね。



思っていたよりは落ち込んでますけど、不採用に落ち込むというよりは「また先週までの絶望的な精神状態の日々が戻ってくるのか・・・」という事が最初に浮かんで、めちゃくちゃ憂鬱になってきました。


倉庫作業員ですらあれだけ競争率があって不採用になったわけですから、オレみたいなダメ人間はとにかく底辺職でそういうので職を探してる人もやりたがらない仕事を探さなければいけなくなるわけで、なんてゆ~かもうバイト増やした方がよっぽど効率がよくてマシな人生のような気がしてきます。



そしてついでにいうとこれ受けるために無理矢理行ってむちゃくちゃにされた千円カットで切ったヘアスタイルも、先週触れた時点では、横と後ろだけ切る&バリカンで刈り上げられただけでしたが、前髪が鼻先につくくらいあったので、「こんな酷い髪型にされたんだからこの前髪で印象悪くなったらもったいなさすぎるし、もう何やってもたいして印象かわらねーよ」と自分で前髪バッサリ切ったら、完全に外へ遊びに出かけられないような髪型になってしまってもうバイト以外は籠もるしかないですよ。


そう考えると損ばかりして得した物は何もなかった事への凹みは大きいですね・・・




まあ後は実家だからってのもありますが、オレがパッと見で「不採用だった」と言ってもわすがな可能性を信じて紙を見たがり、紙をしっかり読んで不採用を確信した時の親の「ハァ・・・」というため息とテンションの下がり方がまたダメージがデカいですね・・・


でもあんたらの息子がどれだけダメな人間なのかはあなた達はよくわかってると思うんですけどね。
特に父はオレが高校受験の時にはまだオレに期待していたからその反面ホントに本心をオレに伝えてくださってましたから。

だからこそガッカリした後に「まだ人生これからなんだから、また次がんばりなさい」的なフォローされても余計に傷つくんですけども。


後、今回もしかり面接官に結構な割合で「まだ若い」と言われるんですが、今の状況と結果からして絶対若くなんてないんですが。
もう何もかもがやり直しがきかなくてどんどん社会から見捨てられているのに平気で「まだ若いから」という単語を使うのはものすごい傷つきます。
もう職歴のない20代後半なんてどこからも煙たがられて使い道のないゴミクズですよ。


まあ今の状態じゃ何を言ってもただの八つ当たりだな・・・
オレは生まれてくるべきじゃなかったと、友人知人は皆無ではありますが、少なくとも家族には迷惑はかかってしまう時点で思ってしまいます。
そして愚痴って八つ当たりするしかやり場がない自業自得な自分は救いがないな、と。





まあなんてゆ~か落ちた事に直接的な物以外での凹みダメージがデカかったので、また次受ける勇気が出るかわかりませんが、とりあえず今日は先月親戚のおじさんが送ってくれたけど手をつけなかったビールを飲もうと思います。

最近のトラップってすごいですねぇ

「PS2版fateにセーブデータ破壊ウイルス仕込まれる」なんてのがあったんですか。


前回のPS2版「ひぐらしのなく頃に」の事件はぶっちゃけ事件が起こったの自体は知ってたんですけど、なんか祭りの真っ最中で話に追いつけず、漠然と「ゲームやろうとしたらPS2のセーブデータがすべて壊れた」という事しかわからなくて、製品が不良品という事での祭りだとばっかり思ってました。



なるほど、製品版を買ったユーザーなのか、少なくとも製品版を持っている人がウイルスを仕込んでwinnyとかのP2Pソフトに流し、それをダウンロードした人達はてんてこ舞いという事なんですか。


でもタダでダウンロードしてる側が、ウイルスを仕込むかなり陰湿な悪さをしたとはいえ、お金払って購入してる側の人を叩けるメンタリティがいろんな意味でスゴイと思いますが。

まあ人間ってこの場合というかすべてにおいて「それが当たり前」になったら、よろしくない事だとしても感覚麻痺するものだと思うので、しょうがない部分もあるとは思いますけども。




でも「問おう、貴方のソフトはマスターか?」というセリフのセンスは作品のツボをついてると思いましたw





ただ、今回一番思ったのは、最近のこういったウイルス事件って被害がどんどん洒落にならないレベルのが起こってきてる事ですね。

まあ個人情報流出とかと比べればメモカのデータくらいたいした事件じゃないだろうと思えない事もないですが、やっぱり衝撃度はすごいと思いますよ。





でも最近よくあるP2Pでのとんでもない事件って、個人的な漠然とした予測ですが、おそらくPC歴しかりネット歴の浅い人達が「タダでいろんな物が手に入る」という誘惑に負けて安易に首を突っ込んで起こる事件が大半だと思うのですがどうなんでしょう?

もしそうだとして考えるとやっぱりネット世界はどんどん初心者にとって「失敗の許されない敷居が高い存在」になってるのかな?と思ってしまいました。




まあ現実世界同様、「甘い話には裏がある」という常識をネット世界でも持っていられれば、安易に知識もなくP2Pに手を出したりしない物だと思いますけれども。



でもこんな事を考え出すとブログやミクシィなんてやるべきじゃないというのもあるので、オレもまだまだ欲に駆られた甘ちゃんって事ですかね。

社会不適応者とはオレの事ですね。

ダメだ、ネタがね~!!
という事で、実は日曜から受けようか悩んでいた会社を受けていて、昨日面接言ってました。

本当なら不採用になってからここで書いて、採用なら働きだしてちょっとしてから書かないと、すぐ辞めざる終えない事になったら本当に情けなくて恥ずかしくてブログやる気がなくなりそうなので採用の場合は少し期間をおいてからにしようと思ってました。



でもまあぶっちゃけた話、採用の可能性はまずなさそうです。

というのも応募者は十数名いたそうなんですが、採用は1名のみというとても絶望的な倍率でしたorz


なのでもし経験者がいたらもうアウトだし、自分より若い人がいればアウトですからね。

そして何よりも肝心の面接が全くダメダメでしたし・・・・
最初からしどろもどろで頭真っ白で「ぼ・・・僕・・あ!私」とかとちってからもうテンションがおかしな方向に言って結構面接という場では言うべきじゃない後ろ向きな発言も自分が何を言ったのかあんまり詳しい発言まではよく覚えてないんですが言ってました。

面接官に「正直ですね~(苦笑)」とか言われちゃってましたしorz


まあそんなこんながあったからなのか、給料やいつから働けるか?などの具体的な話が一切出てこなかったあたりからしても、もうある程度候補が決まってるのかオレは候補とか以前の問題外だったのかもしれませんね。

それに「結果は郵送する」と言われただけでしたし。
一般的にはわからないんですが、多分採用だったら電話なりですぐ詳しいやりとりができる形だと思うし、郵送=不採用だと思うんですけども。





でも受けた後、こうして採用不採用を待ってる間は、なんかコンプレックスから解放された感じでとても穏やかな気持ちで過ごせてる自分がちょっと気持ち悪いです。

普通こういうのって発表までドキドキしてるもんだと思うのですが。


採用の決め手になる物が自分になかった事で開き直れてるのもあるかもしれませんけど、もしかしたら単純にオレは今の絶望的な精神状態から解放されたいだけなのかもしれないですね。



やっぱり「氷河期世代など新卒で就職できなかった人達は中小企業をねらって職歴をつけなさい」と言われますが、その中小企業は1,2名募集するのが精一杯という中で10人20人単位で応募があるのが現実ですから、実際社会復帰は難しいですよ。

それにオレが今回受けた所は「倉庫内作業員」でお世辞にもほめられる仕事じゃないですし。


自分が受けた中小企業で応募人数や採用人数おしえてくれた所は全部こんな感じでしたからねぇ・・・

まあでも今回はオレの面接が酷すぎてそういう次元の問題じゃありませんでしたね。

敬語でのコミュニケーションが不足してるどころか若い頃よりできなくなってるを実感したのがなにより一番ショックでした。


オレは確実に成功とは逆方向に進み続けてるな・・・

「KITE」新作出るんですかっ!?

ちょっとビックリしました。
どうやら「カイト リベレイター」という新作が発表されたそうですね。

ただ、媒体はなんなんでしょう??
OVAとかなのかな?

そして左下に「本作は一般作品です」と書かれているので18禁ではないみたいですね。


この「カイト」というのも含めて梅津泰臣さんの作品には当時驚いた物でした。



最初に「カイト」を見た時は友人のススメで見たんですが、この作品のジャンル自体は18禁のエロアニメで、自分もそういう見方で見始めたわけですが、あまりにも自分の求めていたものと違ったものの、イイ意味での裏切られっぷりに感動しましたねぇ

もちろんエロシーンもあるんですが、とにかくアクションシーンとかがまた芸が細かい事。
基本的にクオリティが低めなエロアニメにおいてはその辺りの細かさとレベルの高さはすごかったです。

・・・・まあ18禁という事でグロもかなりエグ~い感じでそういうのが苦手なオレにはアレでしたけど。

ちなみにyoutubeで検索かけたらエロシーンがない部分?は本編があったので、軽くどんな程度の物なのかみたい方はコチラ。
ただ血とか死に方がグロいのでそういうのが苦手な方はスルーの方向で。




全年齢版というと、テレビで「MEZZO」というのをやってましたが、アレは正直イマイチでしたからねぇ・・・

ちょっと不安ではありますし、まだ情報が全然な上に梅津泰臣さんって仕事が遅くて有名な方らしいですし、しばらくは大きな動きはないかもしれませんね。


とりあえず地味~に覚えておく事にします。

「ぼくらの」第2話

いきなり本編とズレてアレですが、原作読んだ後に改めてED見るとこれがまたOP同様作風にマッチしていていいですねぇ

なんかこれからの展開を知ってるだけにジーンと来ちゃいます。

でも死んだ人間はEDで椅子だけになる演出なんだろうな?
と思ったらそうでもないみたいですね。

それともまだ1話終了時の時点では死んだ事が確定してない事になってるって事なんでしょうか?
次回予告ではもう死んでる事が確定してるんですけど・・・





あと細かい設定が原作と違う以外では、1,2話で大幅の各々のキャラの日常の絡みが追加されてましたね。
今回も各々のキャラが何もする事がないプライベートの時間をどう過ごしてるのか描かれてましたし。

あのシーンは原作よりも各々のキャラの違いがよく出てわかりやすかったんじゃないですかね?
オレ的にはまだ原作でも出番がほとんどなくて印象の薄いカンジが2chのドップリハマってたのがちょっと笑いましたけど。





個人的に一番気になったのはワクの心理描写というか過去の話がかなり薄くなった事ですかね。

アニメ版では「なんとなくサッカー辞めて、今は影のヒーローになる事に目覚めたんだ!!」みたいな事言ってて、父親の話は「サッカーの試合を見にきてくれなかった」程度でしたし。

まあ次回触れる可能性もあるのでまだこの時点であ~だこ~だ言うのもアレですが、個人的にこの方の作品の一番惹かれる所って人間的な部分の描写なのでそこを薄められてしまうと魅力大幅減なんですよねぇ






後は個人的にはコエムシの声が普通でビックリした事ですかね?w
てっきりもっとキャラクターの声とブラックな演技だと思ったんですが、以外と人間のままの声でした。




そしてこれまた個人的な印象なんですが、チズがアニメ版はなんか妙に色っぽい感じになってる気がしました。
1話でも水着になっててサービスシーン的な事やってたし。

原作だとただ単に達観しててクールな印象だったんですけどね。
彼女がメインになったシナリオを知ればそういう立ち位置になるのもわからないでもないですけどね・・・





そして原作を全く読んでない人はワクがいきなりポックリ死んだのは驚いたでしょうね。

原作よりもアニメの方がロボットアニメのベタベタな熱血少年っぽい感じで貫いてましたし。

その後に原作にはなかったけどウシロが妹に八つ当たりしてビンタかましてたのは「たしかに原作には描かれてなかったけどやってただろうな」と思いました。

でもアニメで妹虐待してるシーンは原作よりも動きと声がある分、生々しくてテンション下がりますね・・・






この作品ってアニメ版は「ロボットアニメ」という認識で見た方がいいんでしょうかね?
なんかかなり戦闘シーンに時間割いて凝ってた印象だったんですけども。


おそらくまだ当分大筋は原作をなぞる感じになっていくだけだろうと思うので生暖かく視聴していきたいと思います。

ダイエットネタ

先週は痩せました。
数字としては1キロ以上減りました。

まあでも痩せたのは当然といえば当然ですかねぇ

理由としては、先週からバイトが再開したのでバイトで作業+バイト先まで行き歩き帰り走りを1キロのウエイトをつけてやってたのもありますし、

そして何よりもバイトの時間の関係で親と食事の時間が合わなくなって食べる物を自分で決めてコントロールできるようになったのが一番大きかったと思います。



特に先週後半から今日辺りにかけては精神的に落ちこんでたり、正直昨日から悩んでテンパって何も手つかずだったりで食欲がないというか食べるのが嫌で、一食バナナ一本かカップヨーグルト1個とかを昼と夜に食べてたりしていたのでまあ当然のように痩せました。

むしろ1キロちょいくらいしか減らなかったのが不満なくらいです。
でも実感としてあきらかにお腹がへっこんだんですよね。
胸も先々週までよりあきらかに締まってますし。



たしかに1週間で1キロ以上痩せたのはうれしいにはうれしいんですが、まだまだ去年の一番痩せていた時よりは1キロ以上太ってるし、理想で言えば後10キロ以上は最低限痩せなきゃダメなんでまだまだですね。




でも本音を言うと今もダイエットうんぬんというより悩んでテンパってるのが正直な所なんですけど。
ウジウジ悩んでるだったら行動すりゃいいんですけどね。
でも情けない話、就職は一生に繋がる物だから妥協したら死ぬまで後悔し続けるという恐怖が襲ってきて足がすくんでしまいます。

・・・まあ現実は「妥協」と銘打った世界でもあっさり弾かれるくらいオレは社会的地位の低い存在なんですけどね。


妥協して「人生失敗した」と後悔し続けた方がいいのか、今のままそれなりに生きて楽する事だけを最優先にしていた方がマシなのか。

いづれにせよもう明るい未来はないですから、その中で精一杯の一番いい答えを見つけて選んでいかないと・・・

あ~ホントにオレ生きてる意味ね~な~
でも死にたくないので無様でも孤独でも生きていける強さと図太さを身につけていきたいです。
そのためにも少しでも自分を好きになっていかなきゃいけないと思うし、そういう意味でも痩せないとな、と思います。

まあ「痩せれば自分を好きになれるのか?」と言われれば多分オレは無理でしょうけど、でもちょっと前はちゃんとした服を買う事にチャレンジしたりしてたし、多少でも何かが変わってくれるという淡い期待はあるんですよね。

とにかく今の何もかもダメな自分から何か一つでも変化したいです。

「ぼくらの」漫画版

という事でマンガ版を買いました。
一応6巻まで出てるという事だったのですが、


全然売ってねー!!


実は今日午前中に買いに行ったんですが、どうにもこうにも古本屋含めて全然売ってませんでしたorz

せいぜい売ってた所があっても5巻だけとか中途半端で困ってたのですが、下に書いてるショッピングモール内のデカイ本屋ではアニメ化されたからなのか各巻2冊ずつではありますけど、平積みされてました。


まあこんだけ扱いが悪いのも小学館とはいえIKKIという少なくともオレは聞いた事がない雑誌のだからかもしれませんね。



まあでも5巻まで買えたので読みました。
以下感想ですが、アニメを楽しみに見ようとしてる方は思っくそネタバレなのでスルーで。



こんな言い方するとアレですが、

作者って実は超ドSなんじゃないか?


と思ってしまうくらい、今回もまた登場人物すべてが報われないというか残酷ですね。



でも登場人物達が現実離れしすぎてなく、その状況や性格でそういう事になったらあんな事をしてしまうのも気持ちはわからないでもないというのがまた各々の悪い部分も含めて登場人物に共感してしまいますね。




そして最初何に驚いたかといえばいきなり主人公級が死ぬという事。

アニメ版でも予告のナレーションしてたり、主役っぽい立ち位置な上にキャラもちょっと違うけど真っ直ぐなスポーツ少年風だっただけにいきなり最初に死んだのは驚きでした。


まあそれは後から考えればあのロボットは操縦者の命で動くから操縦したら死ぬわけで、最初に操縦したんだからそら死んでしまうわという感じですが。




3巻くらいまで読んでた時は、この作品の構成が操縦者に選ばれた子が敵が現れて死ぬまでの日々を綴るという一定の決められたパターンで話を作っているので、なんかもちろん各々のキャラの個性があるのは間違いないんですが、淡々と進んでいる感じがしちゃいました。
・・・が、4巻くらいから物語りの謎に触れる部分が出てきたらといった展開が出てきて続きが気になる感じになってきました。


そして途中で軽く「もしかしたら?」という伏線が張られていましたが、裏切る事なく相手もただの怪物ではなく、中にコックピットがあって同じ人間が操って戦ってたという展開でしたね。

しかも相手はパラレルワールドの同じ地球人で、自分の世界の地球や人類を守るために違う世界の地球や人類を消し去るという戦い。



各々のキャラの話については、一人一人語り出したら止まらなくなりそうだし、簡潔に言おうと思ってもうまくまとめられないので省略。



・・・でもキリエは一番予想外でしたね。
自分的にはいじめられてる部分がクローズアップされるものだと思ってたら結構すごい展開になってますね。

思いやりがあって優しいが故に完全に病んでしまった女性が知人でいたり、チズが果たさ(せ?)なかった「先生を殺す」という目標も代わりに果たしちゃいましたし・・・
でもそう考えるとあの時キリエにナイフを渡した意味は「代わりに殺せ」という事だったんでしょうか?
オレにはそんな風には思えなかったんですけど。




という事で読み終えた勢いで一気に書いたので文章が支離滅裂ではありますが、とにかく6巻が読みてぇぇぇ

まあ買いにいける状況があるかどうか微妙ですけど。




アニメも原作が完結してないのでオリジナルストーリーらしいのですが、第一話の時点で結構設定が違うのでアニメはアニメで楽しみです。

あ~~~胃が痛いですorz

実は今日求人広告を見ていて受けようと思ったのがありまして。

それは近くにある運輸会社の倉庫内作業員で、フォークの免許が必要という事もあるし、受けてみようかな?と思ったりしてました。


でも今日来た求人なのに面接日が水曜までで、それまでに連絡しなくちゃいけないので、「とにかくまずは髪の毛を切らないと」という事でいつも言ってる隣の散髪屋に行こうと思ったら今日は予約一杯で無理で明日は定休日、でも平日は夕方からバイトなので行く時間を作りにくいという事もあって悩んだ末に夜になってしまい、まだ営業してそうな店を探したら某ショッピングモール内にある千円の散髪屋が21時までという事で急いで行って切ってきました。



まあ店員に「すごい髪多くて強いクセっ毛ですね」と言われたりとか、髪を横と後ろしか切って貰えてなかったりとか凹み所はいろいろあるんですが、正直「オレはブサイクなんだから髪なんてどうでもいい」と思うくらいテンパってる状態です。

・・・そんな中でもショッピングモール内にある本屋で「ぼくらの」の1~5巻(6巻は売り切れだった)をちゃっかり買ってましたけど。





ただ、倉庫内作業は社会的にかなりの底辺職だという事に関しては、たしかに「他人に人として認めて接してもらいたい。一般人として生きたい」という自分の欲は満たせないとは思いますが、でももうオレ程度にとっては「職に就けるかも?」と夢描ける職業がよくてこれくらいしかないんだから仕方がないとあきらめてるのですけど、運輸会社の倉庫内作業でフォークの免許必要というと、荷物をパレットに積んでフォークで運ぶ仕事だと思うんですが、オレにそんな力仕事ができるのかが激しく不安なんですよね・・・


まあその昔夜勤のバイトでベルトに流れてくる荷物を休む間もなく永遠とパレットに積む力仕事をさせられた時、家に帰ってきて風呂に入って一息ついたら全身筋肉痛でベッドに横になったら起きれなくなって、しかもしんどくて寝れなくて朝にシクシク部屋で一人泣いてたりしたのであれほどの苦痛はないと思いますけど・・・・

でもこういう仕事しかもうオレが選べる仕事はないし、これすら業務もフォークも実務経験がないんだから落とされる可能性が高いんだからもうどうしようもないんですけどね・・・


あ~なんかものすごく「これでいいのか?」とか思って弱腰になってきた・・・

理屈でわかってても本能的に「こんなはずじゃない!生きる事ってもっと楽しい物のはずだ!」と身の程を受け入れられない自分はかなり精神的に重症ですorz

ちょっと弱りぎみ

なんか久々にバイト+毎日バイト先へ行き歩き帰り走りをやってたからなのか、金曜の夜からどっと疲労がでましたorz



そして、今日は1ヶ月ぶりくらいに寝ても寝た気が全然しないくらい眠りが浅くて、6時間くらい寝たには寝たんですが、その間に4回くらい起きてはすぐ寝てを繰り返して、寝たのに寝てないような感じでした。

んで、眠りが浅いと夢を見るわけですが、今日みた夢は必死になってフォークリフトに乗ってる夢を見始めて、目が覚めてすぐ寝て続き?を見ての繰り返しでした。





まあ多分こんな夢を見てしまったのも理由があって、実はまた今までやってたバイト先へ行くに当たって、言うべきか言わざるべきか悩んでた事がありました。

そのバイト先は工場でフォークリフトも使っていて、バイトでも数人乗ってる人がいたので、
「こういうバイトの機会じゃないフォークリフトに乗って操作する練習できないんじゃないか」
と思いつつも、そんな事言っても当然初心者なので迷惑をかけるだけじゃないのか?と不安で苦悩して言う勇気が出なかったんですが、金曜にちょっと課長と接する機会があったので遠回しに「資格とったんですよ」的な感じで勇気出していってみました。

でもそれに対する反応は「やっぱり資格とったからといってじゃあどうぞと気軽に誰でも乗せられるような物じゃないし、事故おこされたら大変だから、悪いけど乗せられない」と見事に断られてしまって、正直今のバイト先にいる意味がない感じがしてしまって凹んだのと同時に疲労感が一気にでてバテてました。



でも、なんで夢にでるくらい思い詰める事でもないのにこんなに落ち込んでるんだろう?と自分でも不思議なくらいなんですけどね。



まあなんてゆ~か、バイトも話せる人がごっそりいなくなってしまって、この一週間もほとんどしゃべってないのとバイトの作業もひたすら黙って単純作業の繰り返しなのが、今まで以上にストレスというか落ち込む要因になる事に対して過剰に反応してそれしか考えられないくらい何もない寂しい日々なのも原因だと思いますけども。


でもこうなったのは自分がダメなのが悪いんだからしょうがないです。

とりあえず明日はちょっと外に出て人のいる所へ行ってリフレッシュしてみようかと。
それに「ぼくらの」も買いたいですし。


もうさっさと今日は寝よう・・・・もうこんな時間だけど。

「ぼくらの」

それにしてもアニメの本数”だけ”はすさまじい量でチェックするのも嫌になりますなぁ
というぼやきはいいとして、そんな中で「ぼくらの」という作品をネット情報で知ったんですが、「なんかどっかで見た事ある絵柄だなぁ・・・」とか思ってすごい引っかかってたんですが、スタッフ見てビックリ


鬼頭莫宏さんの作品じゃんっ!!



ってゆ~か「なるたる」以降作品を出していた事すら知らなかったorz
個人的にこの方の「なるたる」という作品(公式らしい公式がなかったのでウィキをリンクします)は今まで読んだ漫画の中でも特に印象に残ってる作品の一つです。

某ショッピングサイトのレビューでなるたるの事を「精神的マゾな人間じゃないと楽しめない漫画」と言われていてたしかにそうかな~とか思っちゃいました。

オレは正直自分がMだとは思っていないんですが、精神的にはかなりネガティブでひねくれてるので、どんなに幸せな物であっても人間ドラマであればあるほどそこに耐え難い憂鬱がないと共感できないというか所詮作り話みたいな感じがして楽しめないんですよね。

そういう意味ではあの作品は、いじめや性や人の生き死などの人間の裏の顔をかなりエグい所まで掘り下げてる作品ではありましたけど。



でも制作がゴンゾかぁ~
一気に視聴意欲がなくなってきますねぇ

ただ、さっき気づいたんですけど、どちらにしろ地方局放送で埼玉が入ってないため見る機会がないわけですけどね。
でもMXテレビが見れるには見れるんで、夜23時半ならテレビ使えるかな~?っていう微妙な所です。



何も知識がなかったので宣伝ムービーも見たんですが、なんか「バトルロワイアル」と戦うロボット物を足して2で割ったっぽい感じがして、ちょっと世界観がぶっとび過ぎな印象ではありましたけど、でも結構おもしろそう・・・

そしてとりあえずOPもみたんですけど、なんか期待したくなるくらいいい感じなんですけど・・・





どうしよう、原作買おうかな~?
でもウィキ読んでたら「なるたる」とパラレルワールド的に世界が繋がってるらしいのでもう自分の中では買う方向になりましたw

中高生かっ

眠いしネタもないし・・・と思ってたんですが、ちょっとおもしろかったのがあったで取り上げてみようかと。


【女のモテしぐさ】 女の子があなたにこんな仕草をしたら誘ってる

昔っからこういうの見るたびに思うんですが、なんでこういうのって話が極論というか明確にするためなのかわかりませんけど、とにかくスゲー大雑把で豪快ですよね。

まあでも細かい部分で境界線をしいたら人によりけりになるから極端にせざる終えないのかもしれませんけどw




ぶっちゃけ日常生活でこんな事する人いないだろうし、いたとしてもかなりやらしい人というか女である事をよくも悪くも武器にしてるお水の人くらいでしょう。


あ、でも「会話のはずみに見せかけて、ボディタッチをする」は人によっては好き嫌いとか関係なく普通にやる人はやりますよね。

わかりやすいのだとツッコミみたいな感じで二の腕の辺りを軽く叩くのとか。

まあ一番よくやるのはおばちゃんだと思いますけどw



あと「指を動かす」は全く意味がわかりません。
今、頭で考えてみてたとえを出そうとしたんですが、かなり恥ずかしいセクハラレベルの下らない下ネタしか出てこなかったのでもうどうでもいいですw






まあたしかに男ってちょっとした事で「アレ?もしかしてこの人オレの事好きなんじゃないか」と勘違いしやすい生き物らしいので、ある程度自分に自信を持ってる人の場合は相手が積極的になったら「ああやっぱり」と思えるのかもしれないですね。

オレも異性にやさしくされたら期待はしますが、自分がどうあがいても自分という現実に気づいて我に返って自己嫌悪して、ゆっくり気持ちが冷めるのを我慢して待つ感じをループしてる人生な気がします。




まあそんな話はどうでもいいですが、なんかこれ読んでてその昔、伊集院光氏が命名した童貞が集まって女についてあれこれ議論する「童貞サミット」という単語が頭に浮かんでしまいましたw

そういや昔よく「髪の毛を指でクルクルする女性は欲求不満」ってなんかしらでちょくちょく聞いてましたけど、アレは本当なんですかね?w

いま急に思い出したんですけど、なんか目の前でそんなんやられたら意識しちゃうかもしれないですね。
ってゆ~か改めて俺やっぱり性に対するレベルが中学生だわww
自分で書いてて恥ずかしくなりました。





でもこれ今冷静になって読んでみると、女性誌?に掲載された女が男を物にする方法で、それを「女性はこんな知識を得てるので注意しましょう」という記事なんですね。


そりゃ~お水とかみたいにお酒の入った席で警戒心が薄れてる時だったらまだしも普段でこんな行動されたら「何か裏があるんじゃないか?」と疑われるか、普通に引くと思いますよ。

でもう~ん、やっぱり手でもなんでも体に触れるという直接的な行動は実際免疫ない人だと頭真っ白になって我を見失っちゃうのかもなぁ・・・

そう考えると俺に関しては言えばものすごく危ないッスわ。
まあでも危ないも何も俺は実質女性と接する機会ないし、機会があっても好かれる人間じゃない事はさすがに27年こじらせてればわかりますけど。




なんかすごい悔しくなってきたんですけど。
何がすごい悔しいって、「そんな事実際されてもいろんな意味でありえねーよwww」と小馬鹿にしたい気持ちがあって取り上げたのに、だんだん冷静になってみると「でも実際、状況や相手との関係次第ではコレ以外とお水以外でもあるんじゃね?」とか思い始めて「俺はこんな記事取り上げて何自分の首締めてるんだろう」とテンションががた落ちしてしまったのがムキーってなりますね。


あ~なんかありなのかもしんないな~
やっぱオレ童貞だわ。

この記事のタイトルも取り上げた記事に対するツッコミのつもりで書いたのに、なんか自分にツッコんでる感じになっちった。

「らき☆すた」

という事で京アニの新作である「らき☆すた」を録画していてさっき見ました。

感想は、正直今回はいくら京アニと言えど視聴スルーかもしれないです。
個人的に一番苦手なジャンルなんですよね。
あの手の作品のおもしろさのセンスが俺には全く理解できないです。




まあでもあいかわらず本編もそうですが、OPも絵がキレイだしよく動くこと。

京アニのああいう若い子向け系のアニメ=踊りという図式ができあがったんですかね?



後、個人的に一番引っかかったのは、原作者の美水かがみさんって高校が春日部共栄だったんですか。
なんか春日部共栄って後に人目につく仕事やる人なんか多い気がしますわ。

でも本人が公表してたのかどうか知りませんけど、学校がこんな情報載せるのってどうなんだろう?と思ってしまいました。
まあ私立だったと思ったからその辺はお堅いってわけじゃないのかな?

そしてこの事があってかなのか、アニメ(原作も?)の舞台の高校のモデルがここらしいですしEDのスペシャルサンクスに高校の名前出てたりしてるし。

俺は春日部共栄行けるほど頭よくなかったッスよ・・・
俺の時(95年くらいに中学卒業時)で記憶が正しければ偏差値が65くらいの高校だったと思ったし。



ちょっと地元なネタな上に話がズレたあげく凹んでしまいましたが、
個人的にはこんな事して警察沙汰にした人種もいる事だし、聖地巡礼する人の中で常識ブっとんじゃってるタイプの人がいた場合、高校に侵入して捕まるなんて事件が起きるんじゃないかとちょっと心配なんですが。



この作品の盛り上がり方次第では、今年のココの文化祭とかスゴイ客層になりそうな感じですね。

・・・・そう考えるとハルヒみたいなカルト的な所まで人気が行ってしまうのはコワイ作品ではありますねw

ダイエットネタ

先週は特に変化ありませんでした。

そんなにすごい食べてた事もなかったんですけど、運動した回数がいつもより少なかったのもあるでしょうね。


で、昨日の時点ではこんな感じだったのですが、今日は5年振りくらいに食べ過ぎを経験しました。


「朝たくさん食べて後2食抑える感じが一番理想だよな~」と思って9時くらいにカレーを皿に山盛り食べて満腹満足感タップリになり、「後はバナナ1本とかを2食やるくらいでいい感じだな~」とか思ってたら正午くらいに父が「スパゲッティ作るからお前の分もついでに作ってやる」と言いだし、断れずにいると多分作った量は4人前だと思うんですけど、おれを俺7:父3の割合で分けられ、「まあ別に食おうと思えば食えない事もないかもなぁ~」と思って食べました。


そして久々に胃が「いくらデブりっぷりを長年支えてきた胃でもこれは食べ過ぎです!」というサインを出されました。

ななk何時間経っても胃の中に物が残ってる感じがするのとゲップとかしたときなんか胃がじわ~と熱いみたいな感じがするし。


そして当然体重はすごい増え方をするわけで、お昼食べた4時間後くらいに計った時点で1.5キロ以上増えてましたorz

まあそれでもバイトの行き歩き、帰り走りでスパゲッティ食べて以降は何も食べてないという事もあり、さっきの時点で1キロちょい減りましたけど。

正直この時間になってもまだ胃に物が残ってる感じがして、とりあえず半日近く何も食べてないのに空腹感は全くないですね。





食べ過ぎなんて自制の効かない事したのホント久々ですよ。

俺の記憶が正しければ、5年くらい(もっと?)前だったか狂牛病が大流行だった時に某ステーキ屋に行ったんですが、当然?夜8時くらいでまさに一番混む時間なのに客はガラガラでウエイター&ウレイトレスが暇を持てあましてる感じで、ちょっと水がなくなりそうな客がいたらすかさず水を入れにいくくらい暇を持てあましてる感じでした。

そしてその店は当時ご飯おかわりし放題だったんですが、俺がご飯を食べ終わるたびに「おかわりいかがですか?」と寄ってきて、俺は「別におかわりし放題なら食べた方が得だし、店員呼ぶ勇気が必要ないからすごく快適だな~」と思って厚意を断る事なく受け入れておかわりし続けてたらあれよあれよという間に6杯おかわりして死にかけた事が多分最後だったと思います。



まあそんな食べ方してっから俺の20台前半は身長160cmで75キロとかあったんだろうなっ

正直食べ過ぎ飲み過ぎだからって吐ける人はスゴイと思います。
俺アレは絶対できないわ。






なんか今日の食べ過ぎの感覚を味わいながら過ごしてると、ダイエットネタなんて書けるほど俺は今はもうダイエットしてね~な、と痛感した今日この頃。

本音はあと15キロくらい落としたいですorz
やっぱり身長が160cmなら50キロ切るくらいの気持ちでいたいッス。

最近興味のある事

今日は普段あんまり恥ずかしくて書かない話をあえて無理してテンションあげるためにしようかな、と。


最近よく聞いてる曲はまあ一番よく聞いてるのはマキシマムザホルモンのアルバムですね。

1曲目でもありタイトル曲でもある「ぶっ生き返す」はPVもあるんですが、どう見てもドラムのナヲさんがキレイになってきてるんですけどw
自分が知るよりずっと前の動画があったので見ましたけど、明らかにあか抜けてますね。
30過ぎてから飛躍的に変わってるって逆にすごいw


それからCDは持ってないけどちょっと前からツボに入ってる曲がperfumeというグループの「Chocolate Disco」という曲です。

以前もちょっと触れてはいたんですけど、このテクノポップというジャンル表現でいいのかわからないけど曲が好きでアルバムをガチ自腹で買ったりしてましたw



なんてゆ~か俺は人生の中でアイドルとか芸能人を好きになったりハマるという経験もちょっといいかもくらいはあっても散財するほどの事はした事なかったので、こういったタレント商売の物を買うのはすごく抵抗感があって恥ずかしかったですね。

でもこれはあくまで曲目当てだし、歌ってる女性には正直あまり興味ないんですが、そう自分では思っててもこれ何も知らない人がみたらただアイドルのCD買ってるだけだよなと見られてる気がしてすごく恥ずかしかったです。




そんな話の流れで、最近好きな芸能人が久々にできました。

2年前くらいのリアディゾンブームが自分が最初に芸能人(という表現でいいのかわからないけど)に惚れた時以来なんですが、優木まおみさんという方なんですが、マジでネット等でグラビアだかただの画像だか知らないですけどそれを見た時キタコレって感じでしたね。


しかも公式見てビックリだったんですが、この人生年月日が俺と2週間くらいしか違わないのか・・・


なんか人生経験の差を感じるなorz



これまたなんてゆ~かさっきと話しがカブりますけど、俺はアイドルとか芸能人のファンになったりとかって経験をした事がないので、なんか一般の人とかと話してて好きな芸能人とかの話をするのってすごく恥ずかしいんですよね。
なんとなく相手が手の届く届かないは別にしてリアル女性だからみたいな感じなのかな?
自分でもイマイチよく理由はわかんないんですよね。
でもこれはこれで「王子様と恋人同士になる事を夢見る乙女」みたいで恥ずかしいですけど。


でも間違いなく好きな芸能人とかを言う事より、エロゲが普通に買う事の方が世間一般としては恥ずかしい事だろうからなぁ

なんか生きてきた環境の違いを痛感します。
それこそ俺は20歳前後くらいの時は普通にそこらの本屋で毎月なんの抵抗も恥じらいもなくエロゲ雑誌買ってましたし。

でもエロゲは記憶がたしかならアキバ以外では買った事が1回しかなかったと思ったし、その一回も川越のソフマップだったから普通のお店でエロゲは買えたとしても恥ずかしさはあるだろうなぁ


まあバイト先で話をしてたりしても俺の大丈夫な事ダメな事と他の人の大丈夫な事ダメな事が全然かみあわなかったりしてたし、おそらく俺は一般人には理解し難い部分が多い変な人間でしょうね。

雑記

今日も先週同様、昼前くらいに1時間くらいショギングして、夕方くらいの時間から自転車で1、2時間出かけてました。

とりあえず発売してたのを昨日の夜に知ったので、早速まだ2巻もまだパラパラ見ただけでちゃんと読んでないのに「To LOVEる」の3巻買ってきました。

1巻の時はどこにも売ってない状態だったのに今では簡単に手に入るようになりましたねぇ
オタク系じゃない普通の書店でもすごい量を平積みしてる所も近くにあったし。

それでも今週発売したばかりなのにもう重版て・・・
男ってバカね。
そして俺はちゃんと読まずに絵だけパラパラ見ただけな状態の大バカなわけですが。




それから別に買うつもりもなかったんですえどゲーム屋も行ってたんですが、リオのPS2のゲーム版が発売してたのを発見しました。
スゲーパチンコ全く興味ないけどほしぃぃぃ
あのピチピチミニスカファッションはたまらんっつ~の。

思わずパッケージが目にとまった瞬間手にとってしまったw
まあさすがに買いませんけどね。



そして帰りに見事に雨降られましたorz
自転車で傘も何も持たずに行ったので久々に濡れましたよ。
多少濡れるくらいは別にいいんですけど、メガネが濡れるとしずくで見えなくなるのでそれが嫌でしょうがなかったです。







後すごいどうでもいいんですが、ここ1,2週間くらい?ウチのカウンターの1日あたりの数字がすごくキレイなんですけどなんなんでしょう?

なんかキレイに1ケタめが0で終わる事が多いんですよね。

誰かが終わり間際に帳尻合わせてるんじゃないか?
と最初疑ったんですけど、少なくとも解析を見る限りではそんな事ないみたいですし・・・

ただの偶然ならその偶然をもっと別の所で発揮してくれっつ~の。


外で歩いてたら「遅刻遅刻~~」と叫びながらパンをくわえてる走ってる女子高生がいきなり飛び出してきてぶつかってそこから出会いが・・・
ってあのシチュエーションってたしか男も高校生で同じクラスに転校してきたとかでしたっけ??

んじゃ無理だわ。


まあなんてゆ~か今日はきまぐれでここ数ヶ月ず~っと下がりっぱなしのテンションを意識的に昔みたいに上げぎみで楽しんで書いてみたつもりなんですが、なんかテンション上げて書くのスゲー恥ずかしくなってるな。
すっかり老け込んでしまったわ。

もうROCKじゃなくてPOPになっ・・・
いやPOPはもっと明るいだろうから昭和の鬱なフォークソングみたいな感じかな?

でもめんどいからブログタイトル変える気はないですけどね。
このタイトルだって今はもう感覚的に慣れちゃってるけど、正直変なセンスで気取ってるみたいで恥ずかしいし。


まあ考え出すとアレだからそんなんどうでもいいやって事で。







それから後WEB拍手頂いてましたので、ここでレス
6日2時の方・・・というかなんというかw

たしかにカワイイッスよね、あのラッコ。
柄にもなくほのぼのしてしまいましたよw

動画と直接は関係ないけど、プールや海でプカプカ浮きながらボーっとしたいなぁとか思いました。

占いネタ

今までは個人情報漏洩の原因にもなるらしいのでやらなかったのですが、超きまぐれで姓名判断やってみました。

以下結果。

総運 × すぐれた才能を持ちながら、かえってそれが災いする。家庭運△。
 人運 ◎ 抜群の行動力を持ち、仕切り屋でリーダータイプ。
 外運 ◎ 積極性が良い方向に働く。広い人脈が運を呼ぶので新しい環境を。
 伏運 × 事故運あり。
 地運 △ 努力、学芸、不遇運。
 天運 △ 負の影響を受け継ぎやすい家柄。転々と所在を移す。
 陰陽 □ 悪くはない配列です。



って、俺はトータルとしては×ですかいっ

でも×ならむしろ今の状態が状態なだけに納得はできますけど、すぐれた才能なんてねぇッスよ。
しかもなんで最後にオマケみたいな感じで「家庭運△」なんてかかれてるんでしょうw
ちなみに災い(わざわい)を最初に「さいわい」と読んでしまって混乱したのは頭が悪すぎるので内緒。




人運および外運は行動的かつ積極性が良い方向ですか・・・
俺は超消極的だからなぁ

でも人運の所ってこうした方がいいじゃなくて俺はこういう人間だって事ですよね?
俺全然行動的じゃないし仕切りとかできるほど落ち着きのある人間じゃないんですけども・・・・




事故運に関しては、ぶっちゃけ俺そんなに事故はもちろん怪我した事もないんですけどねぇ・・・

しいていえば小学校低学年と中学の時に左足首をおもいっきりグキっとねんざして軽いクセがついてたくらいなもんですかねぇ

後は別に骨折とかもないどころか入院した事もないし、しいていえば事故と全く関係ないけど朝起きたら枕とその周辺が鼻血で真っ赤に染まってて驚いたくらいなもんでしょうかねw

そういや少なくとも高校になってから鼻血って出した事ないなぁ




地運に関してはよくわかんないッスね。
一応解説では「成人するまでの性格形成に影響します。」との事ですが、努力してたと言えるのはせいぜい中3の高校受験時くらいなもんだし、学芸って言われても俺はいまだに無芸だし、不遇だったかと言われれば高校受験は第一希望受かったから不遇だったとは思わないし・・・
いやまあ学生だからこその甘酸っぱい思い出とかはたしかに微塵もありませんでしたけど。
とどめとして高校3年の時は共学なのに理系だったから男子のみのクラスだったし。




天運も違いますね。
ウチはまあ自営業ってのもありますが、引っ越しした事はないですね。
俺自身は専門学校の2年間は寮生活してましたけど。



個人的結論としてはこれから先に関してはなんともいえませんが、今の所はほとんど当てはまりませんでしたね。




正直俺に才能があるなら知ってみたいもんですよ、マジで。
まあ才能を見いだした所で年齢的にもう今更見つけても手遅れの場合がほとんどでしょうけど。

要するにただの愚痴です。

2日続けてこんな現実的で個人的な話で申し訳ないんですが、他に何も考えられないテンションだったので、おもしろくもなんともない話ですが書こうかと。




実は今日、去年までやってたバイト先から連絡があって「来週から再開するから都合がつくならまた来てください」という事で、とりあえずまたちびちびバイト生活しようかと思います。



本当はもうやりたくなかったんですけどね・・・
楽しく会話できてた大学生族もほぼ全員社会人としてスタートしましたし。
まあ一人就活失敗して公務員目指してる子がいて、オレがやるんだったらまた行くと言ってるのでおそらく一人ぼっちにはならないとは思いますけど。

でももういい加減バイトから脱出して何かを身につけていかないとこの先歳をとればとるほどバイトですらできる事が限られてしまいますしなんとかしないといけないんですよ。

まあ結局そんな危機的な事を言ってる割には自信がなくて結局何も行動できないんだから救いようがないんですけどね・・・



実はこの前の日曜の求人で、地元でフォークリフト作業員の正社員を募集してて受けようか悩んでました。

でもそこは運送業で、運送業のフォークリフト乗りはフォークリフト作業としては仕事量が多く、一番早く正確にやらないといけないから運転が下手な人や初心者が行くような所じゃないというのをネットで知って結局受けませんでした。

正直、教習所でも一番時間かかってた上に一番作業が結果として雑になってしまってた人間だったので、「”フォークリフトも使う”程度の仕事ならできるレベルかなぁ・・・」とか思ってた自分にはそんなエキスパートな仕事はできる可能性を全く見いだせませんでした。


やっぱりこういう仕事はむかないのかなぁ・・・



ただ、デスクワークするにしてもオレは何より男だし、パソコン作業にしても一般的な作業と知識は自信があっても専門的なソフトとかの話になっちゃうとワード&エクセルですら所詮独学で軽く触ったレベルだから今更スタートするのは鬼門ですしねぇ・・・・



結局「中途半端で何も身に付いてない言い訳だけの無職な人間」しか残らないのがオレの現実ですね。




やっぱり若いうちはチャレンジ精神旺盛で恥ずかしがらずどんどん挑戦していくのはいい事なんだなとつくづく思いますね。

オレは高校生あたりからは、気がつけば夢みたいな事をマジメに口にしてる人を斜に構えて冷ややかな目で見てしまうひねくれ者だったのですけど。


もうこの歳になると夢に近いチャレンジを現実的に描くのがイタイとしか思えないし、恥ずかしい思いをする事と何よりも一番に傷つく事が怖くて自分にできる事を探す事しかできなくて、そして結局何もないオレは籠もる事しかできなくなっちゃいますからね。


なんてゆ~かもっと図太い無神経な人間になりたかったなぁ
人間としての魅力は別にしても、少なくとも社会人にはこういう人が一番適応できる気がしますわ。
・・・・ま、何を言っても負け犬の遠吠えだし、自分が繊細な人間だなんて思えるほど自分を評価してませんけどね。




毎度ながら途中からただの愚痴でしたが、とりあえず来週からバイトやりつつ求人をチェックし続けてみます。

「ガイアの夜明け」

という番組で「雇用格差 ~漂流する“就職氷河期世代”~」という特集みたいだったので録画しておいて、さっき見てました。



前半はネットカフェ難民の話でした。
まあこの話題自体は以前取り上げてたのとそれほど変わらないので省略。

それからこういった人達のための宿泊事業が紹介されてましたが、ぶっちゃけいい印象を持たなかったので、思った事は内緒という事で。





そして後半は完全に就職氷河期世代を中心とした話になりましたね。

とにかく凹みっぱなしでしたわ。


31歳の男性が正社員を目指すのも、コミュニケーションのセミナーみたいのをやってるシーンとかものすごい言い方悪いけど宗教的な感じがしてキツかったですね。

人とのつきあい方はもっと自然に知っていきたいもんでした。
今となってはもう無理ぽ。





最後の方は26歳の男性が1ヶ月のトライアル雇用を経て正社員を目指すというのをやってました。

途中で「人に聞けばすぐ済む問題なのに、一人で無理して余計に事を複雑にしてる」という感じの事を言われてましたが、あんな感じの人は多いのかもしれませんね。
新卒で失敗したら実質一人で社会人として生きて行く事に立ち向かって、相談できる人もいないから一人で考えて決断していかなくちゃいけなくなるし、自然とああなっちゃうのかもしれないですね。

オレは逆に自分の考えや行動に自信がなくて不安ばかりだからああいった聞ける人がいる場合はどんどん聞いちゃいますけど。
そしてしつこいくらいに細かく聞いて「それくらい自分で考えればわかるだろっ」って感じで怒られるタイプですね、ええ、ええ、実は何度か経験アリ。


そして会社の社長も29歳でモロ氷河期世代だったわけですが、若いけどやっぱりしっかりしてるというか「社会人」としての格が正社員を目指す彼と3歳しか違いませんけど全く違いましたね・・・

氷河期世代についても「率直に言うとかわいそう」「就職する機会に出会えなかった」とか企業でちゃんと働いてる人側にうわべだけであったとしてもそう言って貰えるだけでちょっとホロっときてしまうオレはどんだけ単純でヘタレなんじゃボケッ!!

まあそれくらい弱ってると言えば弱ってるんですけど、そんなメンタルじゃ何やっても無理な上に簡単に人にだまされるっつ~の。
それにオレは間違いなく氷河期とか関係なく新卒時に就職できる器じゃなかった。


なんかこの番組を釘付けで見れなくなってる自分に驚き。
完全に本能で逃げてるな・・・
感想もとびとびでしか書けなくてすいません。
NEXT≫
プロフィール

みはいろ

  • Author:みはいろ
  • 生年月日:1980年3月14日

    星座血液型:魚座A型

    性別:男

    生息地:埼玉
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード

ケータイのバーコードリーダで読み取って簡単アクセス

QR_Code.jpg

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
39012位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6825位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
全記事表示
全タイトルを表示
カウンター
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter on FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。