スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドキュメント・ナウ

なんとなくテレビ欄を見たら「就職決まらず・必死に説明会回りをする学生たちの日々」というサブタイトルの番組があったので気になって見逃せなくなり見てたんですが、なんか同情なのかなんなのかさっぱりわかりませんが、ポロポロ涙が出てきて眠れなくなりました。

でも泣いたってテレビに出てた人達より俺の方が年齢的にももっとどうにもならない所へ来てしまってる存在価値のない無職なんですけどね。






最初の子は早稲田の夜間を卒業するものの、全く採用されず、最終的にはホテルのウエイターに契約社員として働く事になるも、働き始めたら試用期間3ヶ月後契約社員になり、3年働いて正社員登用試験に受かったら正社員という長い道のりで、大変そうでした・・・


ただ、個人的にはこの彼はすごくマジメで好青年な印象だったんですけどね。

まあ俺ほどではないと思いますが弱気でものすごい緊張しいで電話とか挙動不審ぎみではありましたけど。
でもある会社の面接の最後、面接官に「あなたは本当にウチに入りたいんですか?」て聞いてくるって事はよっぽど自分に自信がないからアピール全くしなかったのかな?とか思っちゃいますね。
・・・・俺も自分が大嫌いなのでアピールしてるつもりが気がつけばただのネガティブな話になって失敗してばかりですけど。



とにかく食事がご飯と梅干しだけだったり、ものすごい痩せこけてるのが見てられませんでした・・・・











2人目は、帰国子女で留学してた関係で卒業が9月になってしまい、日本では既卒扱いとなり就活に苦労してる女性でした。


まあ個人的な話ですが、ちょっと苦手な感じですね。
なんかすごい勝ち気というかプライドが高そうというか少なくとも自分の能力には結構自信持ってる感じがしました。

ただ、ハロワに行ったのは個人的にはかなり以外でしたけどね。

でも「なんとなくイメージが違うから」という理由で面接当日ドタキャンしてハロワ行ってやりたい事を探すっていう発想がよくわかりませんでしたけど。










3人目は、就活において言ってしまえば勝ち組って人でしょうか。
彼は駒澤大学を卒業する新卒なのですが、既に何社かは内定を貰ってる状態で、銀行を受けたら面接終了したその場で内々定を貰うも、どこへ行くか決めあぐねてゼミの先生に相談したのち、銀行の内々定を断るという展開でした。


でもなんかわざとこういう番組を見てる人の印象を悪くしてるような感じもしないでもないですね。

なんかこの彼、今までの人達と違って終始ニヤニヤしてるし、VTRで流れたのは銀行受けて、あっさり内定貰って断る流れだけでしたから。

まあでも悲しいかなこの番組に出てた人の中で、一番社会適応能力が高そうなのは間違いなくこの彼だったでしょうね。










そして最後はフリーター達がビジネスマナーの講習を受けてる様子と数人にインタビューがありました。




そして、見てて思いましたけど、やっぱり就活でも外見や印象って非常に大事だなと見ててつくづく思いました・・・


3人目の新卒の子も、ハッキリ言ってしまえば人間的には挫折を知らない若造な部分も見受けられましたけど、ただ、社会人として外見がビシっと決まってるし、コミュニケーションは普通に取れてましたからね。


特にこの最後のフリーターの人達見てると外見やしゃべりが教科書通りのオタクっぽくて、自分に自信がなく、ダメそうなオーラが既に出てしまってて、なんかダメやヤツは何やってもダメというか、どうにもならない物ってあるんだな、と思ってしまって涙がポロポロ出てしまいました・・・


自分も彼らと同じで、外見もブサイクだし第一印象でもうダメ人間のオーラが出てる上に緊張してまともに会話が成り立ちませんからね・・・・




この中の24歳の子が
「同年代で働いてる人はみんなつらいつらい言うけど、つらい分成長してると思うので幸せだ」
なんて言ってましたけど、「幸せ」って言葉を使うのに適してるかは微妙だと思いますが、でも同世代の人達を見てると自分は完全に社会から取り残されてしまってるという実感はものすごいあります。

人間的には何一つ経験できずに、体だけがどんどん歳をとっているだけですからね。









もう27歳ですからね・・・・
人生あきらめて生きなきゃいけないのに、なかなか気持ちの整理がつきません。

求人見て工場作業員とかそういう底辺職を探して受けるも全く採用されない現実をかみしめてあきらめられればよかったんですけどね・・・・

自分のあきらめなくちゃいけないのにあきらめきれない往生際の悪さには本当に残念です。


自分にケジメをつけて自殺できる人間だったらどれだけ自分を許してあげられたかとずっと思ってはきましたが、今の自分は「少なくとも両親が死ぬまでは生きないとな・・・」という気持ちも芽生え始めてるので、「死にたい」と思う事はあっても具体的に自殺を考えるのはやめました。





でもどんなにあがこうが時間はどんどん過ぎていくし、学生時代から普通の人なら経験するような人生経験をしてないコンプレックスは一生背負っていく事になるでしょうね。

まあ童貞についてはあきらめられるようになってきた分、多少あマシになったのかもしれないとポジティブに考えるのが精一杯ですね。

この記事へのコメント

- koie - 2007年06月05日 06:47:07

おはようございます
僕は思うんですが今の会社の体質こそオタクだと思いますよ。
これは僕の現場の話ですが会社内でしか通用しない専門用語でしか会話できない事務職の女の子とか、名刺交換に必死で何を言いたいのか解らない若い営業マンとかw
まあ、見事な程、歪な社会人オタクが世の中を席巻している現場ですw。
多分これがが今の平均的な社会人なんですよ。
もう雇用側も人間関係が煩わしいという空気が蔓延していて管理マニュアル作成に必死になっていますしね。
今の世の中は社会人じゃなく会社人を必要としているんでしょう。
トコトン会社オタクになる事が成功の秘訣かも・・
 嫌な時代ですねw

- みはいろ - 2007年06月06日 02:47:34

会社オタクですか。
自分はとにかく就職面接のラインが自分が知ってる一番深い社会で、そういう現場を知らないのでちょっと驚きです。


たしかに社会人じゃなく会社人・・・というよりも都合のいい奴隷になる事を強要される社会になってる印象はすごくしますね。

会社や一部のトップがとことんいい思いできて、それ以外の非正社員などはとことん人件費を節約して使い捨てる印象があります。
知り合いに某有名大型電気店で働いてた人がいましたけど、その人に内情聞いてホントにビックリした事がありました。


まあそれは自分が年齢的に大人になって、そういうのを知っただけで、昔と別に変わってないのかもしれませんけどね。

でも景気回復言われてますけど、景気回復の恩恵を受けた人は金銭的には世間一般にまで行き届いてない気がします。

プロフィール

みはいろ

  • Author:みはいろ
  • 生年月日:1980年3月14日

    星座血液型:魚座A型

    性別:男

    生息地:埼玉
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード

ケータイのバーコードリーダで読み取って簡単アクセス

QR_Code.jpg

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
14487位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2754位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示
全タイトルを表示
カウンター
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter on FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。