スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サー・ボビー・ロブソン氏が死去

久々にサッカーの話題ですが、サー・ボビー・ロブソン氏が亡くなりました。
http://news.livedoor.com/article/detail/4277844/

まあニューカッスルを退いてから、現場復帰を一切しなかったし、「でも以外とこういう人って現場から離れるとポックリ逝っちゃいそうな気がするんだよな~w」とか冗談で思ったりしてたんですが、後にガンだというのを知ってから遅かれ早かれ・・・って状態でしたが、亡くなりましたか・・・


でも自分が知ってるのはバルセロナ時代とニューカッスル時代だけなんですけどね。

バルセロナ時代はロナウドが居て、間違いなくロナウドがキャリアの中で一番輝いていた時期でしたね。
今でもそこいらの動画サイトで紹介されてます。



余談ですが、この監督の通訳としてサッカーの現場に入り込んできたのがモウリーニョなんですよねぇ

この方の通訳としてバルセロナへ行き、ロブソンが辞めた後はコーチとして残って指導者としてのキャリアをスタートさせたわけで。




でも自分的にはやっぱりこの方の一番印象に残ってるのはニューカッスル時代ですねぇ

あのシアラーにボール出して全軍突撃サッカーは時代錯誤も甚だしいし、大味すぎるとは思うけど、あんな事できるチームがヨーロッパの強豪国のリーグでやるってのも含めて魅力的ではありましたね。

現にそれでチャンピオンシップにまで落ちぶれてしまった今では想像できないかもしれないけど、チャンピオンズリーグに出るまで行ったわけですから。

そしてこの監督のすごい所は問題児を見事に手なずけて使いこなす手腕ですよねぇ
ニューカッスルっていうチームは血の気の多い男どもの集団だし、その上に当時は財政難でチームが傾いてバーゲンセール状態だったけど、問題児集団だった故にビッククラブからはオファーが来にくかったリーズからばんばん選手獲得して、「DQNコレクター」なんて言われてたっけw
その筆頭は当然ボウヤーだけどw
まあ近年もジョーイ・バートンとったりして、そういうチームカラーなんでしょうけど。


でもロブゾンが辞めてからのニューカッスルはこのDQNどもでチームがまとまらず、長い低迷期に入っていくんだよなぁ



そういえばリーズしかり、ニューカッスルのロブソン以降くらいで、輝かしいキャリアでステップアップできた選手ってシアラーは別格として、いないなぁ・・・



しかし76歳か。
まあさすがにこの年齢では現場復帰はもうなかったかもしれませんが、惜しい人を亡くしましたね。
ご冥福をお祈りします。

この記事へのコメント

プロフィール

みはいろ

  • Author:みはいろ
  • 生年月日:1980年3月14日

    星座血液型:魚座A型

    性別:男

    生息地:埼玉
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード

ケータイのバーコードリーダで読み取って簡単アクセス

QR_Code.jpg

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
24595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4588位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示
全タイトルを表示
カウンター
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Twitter on FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。